読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録「灰都ロヅメイグの夜」杉ライカ

小説感想

ニンジャスレイヤーのほんやくチームとして有名なダイハードテイルズのメンバー、杉ライカ氏によるダークファンタジー作品です。私が読んだのはもともとnoteで有償公開されていたもののkindle版。なので、一部note版限定のコンテンツは読んでいません。

読み始めると地の文が「君」と呼びかけてくるので二人称小説なのかなと思いきや、それは序章のみでそれ以降は三人称。しかもその呼びかけられていた「君」は主人公ではなく、じゃあ世界観説明用の使い捨てモブかと思いきやあとあと出てくる1人の登場人物で、ああライバル的なサブ主人公的なそういうのかなと思ったら…ああっ。

舞台となるのは、濃い霧の中に何層にも重なる構造の建築物がひしめく巨大都市、灰都ロヅメイグ。世界観はファンタジーなのでいわゆる「剣と魔法の世界」ですが、人々にとって「魔法」は空想の産物。

主人公は2人、隻腕剣士グリンザールと、隻眼吟遊詩人ゼウド。彼らは共にクエストをこなす相棒であり互いに信頼しあっているものの、それぞれが腕や眼を失った原因である過去の出来事や目的については語っていない様子。

物語の本編はグリンザールが呪文のセルフ入れ墨で感染症になり、死にかけるところから始まります。グリンザールと、彼を「師匠の仇」として付け狙う剣士たちとの闘い。そこに現れる乱入者。出かけていたゼウドの元に現れる女。魔法。

この本に収録されているエピソードは中編1つと短編が2つ、すべて読んでも2人の目的が達成されたりはしませんが、物語が未完のまま続きが書かれていないという風でもありません。グリンザールとゼウドという2人の長い冒険譚のうち、一部のエピソードをピックアップしてあるという感じ。例えるならそう…スレイヤーズすぺしゃる…あれをダークにした感じ…

個人的に二人称が苦手なので序章はちょっと読みづらかったのですが、それ以降は描写の緻密さも相まって脳内映像化も簡易でした。いやあ面白かった。

ただ、ニンジャスレイヤーを知っていると「死ね!グリンザール死ね!」というセリフで「死亡フラグいただきました!」とか思っちゃうのでアレ。