読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録「ハイブリッド・チャイルド」大原まり子

image

最近の本だと思ったら1993年の本だった。

収録作は「ハイブリッド・チャイルド」「告別のあいさつ」「アクアプラネット」の3つだが、独立した話ではなくすべてつながった話である。

他の生物の一部をサンプルとして取り込む事で、自身の姿や性能を対象と同等に変える事の出来る軍の新兵器のうち1体が意志を持ち軍から脱走。彼「サンプルB群Ⅲ号」は逃亡先で「ヨナ」という既に肉体の死亡した少女と出会い、そののち彼女の肉体を取り込むことで彼女の姿と生前の記憶を得る。

その後、彼は少女「ヨナ」として軍からの逃亡を続けるうち、とある星で瀕死の体を白い棺状のメカに格納して生かされている少年、シバラーマウスと出会う。彼と出会い、レシアと出会い、アディ、ドレイファス、そしてダニエルと出会い、ヨナのこころには大きな変化と、そして星そのものにも大きな変革が起きる。

一方、軍の方では時間をまたいで助言や干渉をする神官としての「かれ」が、自らの存在に揺らぎを感じていた。「かれ」は全てを識る頑固な老人として生まれ、だんだんと若返る肉体を持つ時間的奇形であった。「かれ」の肉体はもはや光の集まりのようであり、生まれ落ちたときのような絶対的な自信、頑固さはもはや失われていた。

この通り、ガチガチのSFです。正直、ヨナ(サンプルB群Ⅲ号)側のパートはともかく「かれ」側のパートは状況を把握する難易度が高かったです。「かれ」は時間を飛ぶために時系列が把握しづらいことと、フォーカスの当たる人物が章ごとに変わるときに時間も変わるため、それぞれの章がどう絡むのかがなかなか難しかったという感想です。

全編にあるテーマは「母」と「愛情」か。

ヨナを愛しておらず、ついには殺した母親、「かれ」の母親として「かれ」を産み落とす運命を知るD.H、ヨナ(サンプルB群Ⅲ号)が宇宙船兼旅の友として作ったものの、最終的には殺してしまう「母親」、星のマザーコンピュータの歪んだ愛、母親に虐待された過去を持つドレイファス、シバラーマウスやダニエルと出会い、そして知ることになるヨナの愛情、「かれ」の出会った「かのじょ」。

最近なかなか読んでなかった長編SF、なかなか時間が取れずに2カ月くらいかかって読んだので読んでやったぜ感もひとしお。面白かったです。