読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録「BREAK-AGE EX イマジネーション・ブルー」遠野 ひろみ

小説感想

私の大好きなBREAK-AGEシリーズのノベライズ外伝です。
私は漫画版こそ当時から読んで、設定資料集すら買いましたがノベライズはノータッチでした。

物語は、”BREAK-AGE”の主軸そのまま、「通信対戦ゲーム『デンジャープラネット(DP)』を通しての、ある若者たちの青春」です。

主人公、堺菊太郎は、かつては飛行機乗りだった祖父の影響で大空に憧れる少年でしたが、ゲーム好きが祟ってド近眼になってしまい、20歳になるころにはパイロットのすっかり夢を諦めていました。
その代わり彼は「DP」の世界で優秀な戦闘機乗りとなり、2人の弟を引き連れて連日ゲームセンターに通っていました。
そんなある日、ロングカノンを装備した謎のVPの手により3兄弟はあっという間に撃墜されてしまいます。
それが菊太郎と、そのVPのパイロットである恭子との出会いでした。


「謎のVPに負けた主人公が、気の強い相手ヒロイン(年上)に再戦を挑み、なんだかんだでパートナーになる」のは本編と同じ流れですし、実際境遇の近い本編主人公カップルはゲスト的にちょっぴり登場します。
ヒロインの機体が「高機動で位置取りして遠距離砲撃」っていうのも、本編の九郎に近いコンセプトのような気がしますし。
しかしこの話、本編のように企業側の裏のゴタゴタに巻き込まれたり、ボトルシップトル―パーズのように悩んだりしません。
主人公もヒロインも考えは同じ、「負けた相手に次こそ勝つ」。
割と本編をシンプル・コンパクトにした感じの話、という印象を受けました。

DPは実際の街のデータを使用したステージなんてものもあるんですね…ほんとすごいゲームだ。

あとですね、「恭子さんが良い」ということが言いたいんです私は。
社会人としてしっかりしてるのも良い…
泥酔して酒瓶を並べ始めたり空き缶を積み始めたりするのも良い…
いっしょに酒飲みたい…
恭子さんの下で働きたい…


ちなみにこれ、kindle版が固定レイアウトなんですね。
通りでフォントサイズが変更できなかったわけですわ。
その点はシリーズの他作品「ムーンゲッター」でもそうみたいです。