読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録「ニンジャスレイヤー 死神の帰還 」

image

ドーモ、皆さん。
私は実際ヘッズのため、過去に出版されたニンジャスレイヤーの物理書籍はすべて所有している。
過去のものについてもすべて記録してもいいくらいの熱量はあるのだが、そうすると私があほなのではないか?という疑惑がもたれたり、わざわざアクセスしてくれたひとが帰ってパラッパラッパーをしてしまうため、このような第3部2巻というものを記録することにした。

そんなわけでニンジャスレイヤーです。
まず前提として、既にニンジャスレイヤーはアニメにもなった第一部「ネオサイタマ炎上」編(全4巻)と第二部「キョート殺伐都市」編(全8巻)が刊行済みです。
そして現在刊行中なのは第三部「不滅のニンジャソウル」編であり、この”死神の帰還”はその第2巻に当たります。


さて、この"死神の帰還"にも複数のエピソードが収録されています。

表題作である「フー・キルド・ニンジャスレイヤー?」は時系列的には第三部のプロローグにあたり(2巻でプロローグナンデ?とお思いかもしれませんがニンジャスレイヤーにはよくある)、第2部での闘いの後、燃え尽き症候群となってしまった主人公フジキド。かつての仲間たちが彼を気にかける中、夜な夜なニンジャ狩りを行う”偽”ニンジャスレイヤーが出現し…。
過去の仲間や関係者が続々登場する上に、展開も熱い中編作品。まさに「戦士の再起動」といった感じで、まるで劇場版「エピソード・ゼロ」といった感じです。

また、ある意味表題作(帰還的な意味で)の「ノーホーマー、ノーサヴァイヴ」はまさかまさかの野球回。アニメのラジオでも告知時に「まさか」という声の出た野球回。アッハイ、アウトにならないように点を取るのが野球のコツです。


そしてもう一つ収録されている中編作品が「レプリカ・ミッシング・リンク」。
主人公は大学生のユンコ・スズキ。
何者かによってエンジニアである父親を殺された彼女は、悪徳警察官の手により父親殺しの犯人とされ、逮捕されそうに。
何もわからないまま逃げた先のクラブで、自分が既に死んでいるはずだと聞かされるユンコ。
ならば彼女は何者なのか。
父親は彼女に何をしたのか。
スズキ・マトリックス理論とは何なのか。
自我。人工知能。記憶。マグロ。
なんということでしょう。ニンジャスレイヤーがこんなにもサイバーパンクしている。

で…結局、マグロの正体は何者だったんですかね…?


「ニンジャスレイヤー」は大長編でありつつ、個々のエピソードはほぼ独立しています。
そのため、作者の筆もこなれて表現力の高まった第3部から読み始めてもあまり問題はありません。
さあ、ぜひあなたも元気なニンジャライフを。


なお私は偶然ここで本の読んだ記録を記述しているのであり、原作者、ほんやくチーム、エンターブレイン社などとは一切関係がありません。