読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録「独創短編シリーズ 野崎まど劇場」野崎まど

小説感想

image

作家、野崎まどの短編が24+α作品収録されていてワオ!お得!な本です。

kindle版を買ったのですがしょっぱなから固定レイアウトで収録されていて「ヌゥーッ!PaperWhiteで読む本じゃなかったか!」と思ったらテキスト版も収録されていてステキな心遣い。なお後日PC版で独特な固定レイアウトも楽しみましたとさ。

なお、1本目の話からまるでアスキーアートのように100%テキストで表現された図解が出てきて「こいつはヤバい本を買っちまったぜ」と真顔になりましたマル。

テキスト自体にも仕掛けがあったり、テキストだけではわかりにくい内容は豊富な図で解説。
図のない作品もありますが、全体的にはギャグ、それもカオス方向で。
叙述トリック?から出オチまで豊富に取り揃えております。

短編集なのでサクッと読め、ある作品が合わなくても別の短編はハマるかもしれません。

真顔になったりニヤリとしたり、読んでると変な人になれます。
kindle版でも裏表紙や表紙裏のネタが収録されていたのがうれしいですね。

ていうかそんな隅々までネタ仕込んでいるんですね。