読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録『戦略拠点32098 楽園』長谷 敏司



image

主要登場人物は3人のみ。ボリュームは200ページ未満。第6回スニーカー大賞金賞受賞作品。


汎銀河同盟と人類連合が数百年にわたる戦争を続けている時代。
何の価値も設備もないが、人類連合が「楽園」と呼び必死に守る星があった。
その実態を調査するため、汎銀河同盟の兵士ヴァロワは軍が戦略拠点32098と呼ぶ「楽園」への降下作戦に参加し、唯一生存しての降下に成功。

そこでヴァロワが出会ったのは「楽園」の住人である少女マリアと、人類連合軍制御官ガダルバ。
なんだかんだで3人で暮らすこととなったヴァロワたち。 「楽園」を調査しても人類連合が思うような成果がなく、むしろ今の暮らしに居心地の良さを感じてきたころ、マリアが高熱を出す。
ガダルバがマリアを"治療"するために連れて行った場所でヴァロワが見たものは…


機械兵や宇宙戦争といったSFテーマの作品なれど、内容はセンチメンタル。
一応ライトノベルのようですが、表紙と冒頭の設定画を除くと本編に挿絵がありません。
ないのですが、気にならない。というか、読み終わってから「そういえば挿絵がなかったな」と気付くほど。

なおこの本は現在絶版のようで、kindle版でないと手に入りにくいようです。